ボランティア・アワード2019

今年も全国でボランティア活動を行っている高校生達が一堂に会する「高校生ボランティア・アワード2019」がやってきました。志を同じくする高校生達の集いには沢山の学びや希望があります。
ささやかでも必死懸命に頑張る高校生。驚くほど力強く、アイデアに満ちた活動。社会的弱者の視線に立つという姿勢。ここに集うみんなが「誰かの役に立ちたい」という温かな志に満ちています。ボランタリー同士の共感が生まれ、時には切磋琢磨するきっかけになり、友情に変わります。この国の未来を良いものにするためには、彼らのような「志」が必要だという私達の思いは、回を重ねるほど強くなります。そして高校生の明るく、強い活動に勇気を頂いて、大会を主催する我々『風に立つライオン基金』も、もっと大きく、もっと強くなりたいという思いを強くします。
今年も出会えて幸せです。心を合わせてがんばりましょう。

公益財団法人
風に立つライオン基金設立者・理事
さだまさし

1日目「開会式&発表大会」7月29日(月)

  • 記念撮影

4回目となった「高校生ボランティア・アワード2019」が、7月29日・30日の2日間、パシフィコ横浜・展示ホールAで開催されました。
134校のエントリーからブース発表校として100団体が選ばれ、96ブースに分かれて日頃の活動を発表しました。
昨年と同じく、受付を済ませた順に記念撮影を行い、その後、それぞれ発表の準備に取り掛かりました。

準備を終えたところで、ステージで開会式が行われました。
「僕は、毎年、皆さんとお目に掛かるたびに勇気を。去年の彼らが、どんなふうに成長しているのか。初めて会う高校生たちとどんな話ができるのか。とっても楽しみです」
大会委員長のさだまさしからの挨拶のあと、今年も豪華な応援団の皆さんがステージに登場、高校生たちにメッセージを送りました。

参加校を代表して今年は地元の横浜清風高校が開会宣言。シウマイの話を交えながら二人でユニークな掛け合いをしました。
最後に、昨夏まで、鹿児島実業高等学校の応援団長を務めていた松尾鯉太郎さんによってエールが送られ、開会式が賑やかに終了しました。

福祉や環境保護、国際貢献など、活動のフィールドも回を重ねるごとに広がり、取り組むテーマも多様化、何よりプレゼンテーション力が年々向上しているのがわかります。
お互いのブースを訪問し合いながら交流を深める姿もより積極的になってきたように思いました。
また、一般来場者の数も明らかに増えました。平日の昼間に明確な意志と目的をもって会場を訪れる方が本当に多く見られました。集客は、主催する私達の一番の心配事でもありましたので、これはとても嬉しいことでした。
高校生たちのプレゼンも自然にテンションが上がり、その姿が訪れた大人たちを元気づけるという素晴らしい連鎖が生まれました。
「若一からはいいですね。活き活きしてるから、こっちが嬉しくなります」
「私たちの時代はこんなイベントはなかった。やってみたかったです」
「去年、ヘアドーネーションに感動して、髪を伸ばしているんです。そろそろいけるかなと思って」
「また、来年も来ようって思いますよね。すごいなって思う。高校時代の一生の思い出になるでしょうね」
高校生たちの思いが大人の気持ちを動かし、社会を変えるエネルギーになっているのだと実感した瞬間でした。

かたや高校生たちにとってもいい思い出になったようです。
「聞いてくれる人がいて励みになります。こういう場を設けてくれてうれしいです」
「初日は緊張して、うまく説明できませんでした。今日は“いいね”シールを3枚いただき、成長できたと思います」
「アドバイスをいただくこともできて、これからの活動に役立ちます。とてもいい経験になりました」
「同じ気持ちを持っている人と話ができて、他の学校からも来てくださって、すごく楽しかった」

今年は、TOKYO MXのテレビ視聴アプリ「エムキャス」によって、インターネット番組を配信していただきました。スマートフォンやパソコンを通じて、ブース発表の様子や、各校の1分間PRを全国の皆さんにご覧いただくことができました。

夕方、ブース発表が終了したところで、参加した高校生たちだけの交流会が開かれました。
全国各地から集った、様々な活動をしている学校同士、交流し親睦を深めてもらうための大切なプログラムです。
応援団の皆さんはパフォーマンスで盛り上げてくださいました。
ももいろクローバーZの皆さんによる「走れ!」で一気に熱が上がり、新羅慎二さんは湘南乃風の大ヒットナンバー「純恋歌」を身延山高校の手話コミュニケーション部とのコラボで披露。客席も一体となって手話で歌いました。
テツandトモのお二人が「なんでだろう」とアゴに脚立を載せる芸で更に盛り上げたあと、さだまさしによる「たくさんのしあわせ」を会場全員で歌い踊りました。
最後に全員で勝ちどきを上げて、一日目を賑賑しく終了しました。

 

2日目「シンポジウム&閉会式」8月22日(水)

2日目の午前中に、パネリストを迎えてシンポジウムが開かれました。これも毎年、楽しみにしてくださる方が多いプログラムです。今年のテーマは「さまざまな命の現場で考えること」。
ご出席くださったパネリストは、国境なき医師団日本会長・加藤寛幸先生、認定NPO法人ロシナンテス理事長で医師の川原尚行先生、新羅慎二さん、小林麻耶さん、そして、高校生に近い立場として上智大学学生・仁平史織さん。司会は寺島尚正アナウンサーと財団の評議員でもある諏訪中央病院名誉院長・鎌田實先生で、様々な意見交換がなされました。

パネリストの皆さんは高校生からの素朴な疑問からボランティアに関する様々なこと、また
将来の進路に繋がるような質問に丁寧に答え、高校生たちは真剣な面持ちで言葉を噛みしめていました。
「相手の気持ちに寄り添うこと」「まずはさまざまなことを知ることから」「自分にも人を助けられるパワーがある」
これからの彼らの活動を支える金言にたくさん出会ったと思います。

シンポジウムのあとは、初日と同様ブース発表大会。昨年に引き続き、今年もご協賛くださった日本ほめる達人協会様より「いいねシール」をご提供いただき、シールをより多くもらえた学校に「来場者最高投票賞」を贈りました。
今年はご協賛くださる企業や団体がさらに増えました。
さだまさしをずっとご支援くださっている大日本印刷様をはじめ、今年は日本航空様と並んで全日本空輸様もご協賛くださり、遠方から集まる高校生たちの交通費をご支援をいただきました。同じく昨年に引き続き、クラウドファンディングにご協力くださった皆様を含め、応援してくださる方が法人、個人を含め大変多くなってきたことは、当財団にとっても大きな勇気を与えてくださいました。もちろん、高校生たちにも大きなモチベーションになったことでしょう。
ご協賛、ご協力くださったすべての皆様方に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

   

   

午後3時半まで続いたブース発表が終了し、最後は閉会式。一昨年、昨年は応援団の皆さんから特別賞として授与されましたが、今年はさらにご協賛各社からも多くの特別賞をいただきました。将来的には、全校になんらかの特別賞を贈れるようになれるよう、ご協賛いただけるスポンサーの皆さまを募っていきたいと思います。

特別表彰校はこちら

閉会式では、最後に大会委員長のさだまさしがメッセージを贈りました。
「高校生たちにこのバトンを受け取って欲しい。このイベントが続いて、この国が10年後に少し形を変えていくかも知れないということを期待しています」

来年以降も、より良い大会を目指して、また高校生の皆さんの普段の活動がさらに素晴らしいものになることを祈って、そのお手伝いができるように、私たち事務局一同も頑張ってまいります。是非また来年お会いしましょう。ありがとうございました。

後援・協賛・特別応援・協力