風に立つライオンユース(仙台みやぎ2020続報)

以前にもお知らせしました風に立つライオンユースに登録している仙台育英高校特進コースの桜井秀太さんより、
「仙台みやぎ2020」の活動報告と、新たなプロジェクトのお知らせです。

仙台みやぎ2020では青年部を立ち上げ、3月の時点で20名程度の学生が集まりました。
日頃はそれぞれグループに分かれて活動しています。
ホームページの運営や、アスコットキャラクターの考案、YouTubeやTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSを利用した活動、宮城の魅力を調べたり、スポーツの競技やルールについて調べたり、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、今年のラグビーワールドカップを自分達なりに盛り上げるため日々活動しています。

以前、風に立つライオンさんのページでも取りあげて頂いたようにこちらは全世代型のボランティアであります。
参加者の中には異なる学校同士または大人との人脈を広げることが出来て満足という者が多数おり、全世代型のボランティアとしての目指す形ができつつあります。
今後は子供の日にひとめぼれスタジアムでボッチャというパラスポーツを行う企画や宮城県民サッカーの日に親子で行うサッカーイベントも企画中です。

WEBサイト 仙台みやぎ2020
Facebook https://www.facebook.com/sendaimiyagi2020/
Twitter https://twitter.com/SendaiMiyagi020

そして、今私達が最も力を入れているのが「雑がみ千羽鶴レタープロジェクト」です。
限られた資源である紙を浪費しないで活用していこうという宮城県のある高校生が企画し今実行していきます。
以下プロジェクトの担当者の言葉です。

高校生のみなさん!
仙台みやぎ2020青年部 雑がみ千羽鶴レタープロジェクトメンバーを募集します!!
2020東京オリンピックパラリンピックの「楽しい」「学び」「人と人とのつながり」そして、五輪後の未来を創造しませんか?
代表:中村美月(高2)

日本全国の同志の皆さんがこのプロジェクトに興味を持って貰えたら嬉しいです。
また、同じ東北に住む同志のみなさんにはぜひ共に活動して欲しいと思っています。